旧車 パトカー 街の写真、食べ歩きから不要情報まで無節操なお気楽ブログ。あなたの心には何が残りましたか?
by Detachment801


<   2012年 12月 ( 60 )   > この月の画像一覧

本年もお世話になりました。

いつもここを訪れていただいている皆様、本当にお世話になりました。

また来年も、宜しくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。
f0145372_11413747.jpg

by Detachment801 | 2012-12-31 11:42

師走のアメ横

年末になると人の多いところにいきたくなるのはなぜ?
ココに来ている多くの人たちも「きゃー混んでる、大変!」なんて言いながらも、もしここに2-3人しか歩いていなかったらものすごい違和感を感じることでしょう。やはり、この雰囲気が人を呼ぶのだ。と思いました。
f0145372_1162744.jpg

警察官用の簡易屋根がアジア的ですね。
f0145372_117010.jpg

子供の頃、こういう風景を見るとワクワクしたのを思い出す。
f0145372_1171594.jpg

アメ横ならではの化粧品屋
f0145372_1172882.jpg

食料品でないあたりはまだ歩ける
f0145372_11284876.jpg

上野駅に近いエリア

f0145372_11305445.jpg


f0145372_1181043.jpg



日が暮れたら一段と人が多くなった。
f0145372_1182268.jpg


昭和通りを渡って。
一昔前まで、このあたりは「タカラホテル裏」と呼ばれていたっけ。
f0145372_1114198.jpg
f0145372_11143376.jpg

銀座通過
f0145372_11434351.jpg
f0145372_114413100.jpg
f0145372_11443075.jpg


六本木通過
f0145372_11445869.jpg


ちょっとアジアンテイスト、京劇の面とか、歌舞伎の隈取りのようでもあるメルセデスのテール
f0145372_1114446.jpg

by Detachment801 | 2012-12-31 11:35

寒風すさぶ明日のジョーのふるさと。日本堤にて。

浅草5丁目付近で見たクイントインテグラ(9215さん、ご指摘ありがとうございました)
f0145372_1049457.jpg

明日のジョーのふるさと、という商店会を歩いてみたが、ほとんど閉まっていてただ寒い、あまり見るべきものはなかった。明日のジョーだけで、ここの町おこしはけっこう厳しいものがあるなぁ、とやや心配になる
f0145372_10241181.jpg


そのなかで元気に営業中の惣菜店
f0145372_1027117.jpg

安いよー!
f0145372_10273654.jpg

山谷の労働者がここでよく酒の肴を買っているようだ。
f0145372_10275048.jpg


警察がやたらに多い。
f0145372_10245366.jpg

この不思議な建物は山谷の労働者達の支援などを行っているようです。上の方に「叛」の文字があるのが迫力。
f0145372_10251634.jpg

簡易宿泊所が多いこの街。最近は外国人ツーリストなども良く利用するらしい
f0145372_10254638.jpg

布団屋さんの所有と思うが、恐ろしく状態の良いライトエース
f0145372_1026315.jpg

新車みたいです。このまま動態保存しておきたい。
f0145372_10261778.jpg

何故か他府県ナンバー
f0145372_10263144.jpg

丹下段平もお店の宣伝に一役買ってます。
f0145372_10264640.jpg

たぶん空き家だろうなぁ
f0145372_10444047.jpg

遊郭転業組のような旅館
f0145372_10452910.jpg

個人宅も粋な造り
f0145372_1046330.jpg

帰りに見たヒーレー、まるでデューセンバーグのような赤/黒の塗装がカッコいい
f0145372_10463269.jpg

美しいロータス!
f0145372_1047434.jpg

修理で入庫中だったのだろうか?
f0145372_10472056.jpg

by Detachment801 | 2012-12-31 10:29

その他、周辺エリア散策!

思ったよりも小さかった吉原神社には注連飾りの露天が出ていた。最近はついスーパーで購入してしまうので、次回は露天で買おうと思う。
f0145372_9542087.jpg

花園通りの外れ
f0145372_9544163.jpg

裁断のみという職種があるのは知らなかった
f0145372_9545798.jpg


看板つき実用自転車の美しさ
f0145372_9593535.jpg


ちょっと見にくいが、中央の「グリーン」という洋食屋に興味深々。
f0145372_9551124.jpg

超有名な天麩羅店、ここは一人で行くところじゃないかな。
f0145372_9553153.jpg

f0145372_956738.jpg

お隣は桜なべ店
f0145372_9555361.jpg


シブイ!馬くいてー!
f0145372_9562227.jpg

天麩羅やさんの裏手
f0145372_9563893.jpg

元々花街の一角であったせいか、この手のものに対する抵抗が全くないのか、ごく普通に、お店の前の食用油の一斗缶の上に被せてあった新聞紙がこれ。さすがです。妙に感動!
f0145372_957637.jpg

いいですね、こういう雰囲気
f0145372_9591442.jpg


危険じゃないですか?大きなお世話ですけど。
f0145372_9571962.jpg

放置されたクリーニング店
f0145372_9573434.jpg

下町の空にスカイツリー。
f0145372_9574830.jpg

まさかのレザーエッジ型セヴィル!81年ぐらいか?完全ノーマルのようです
f0145372_1033249.jpg
f0145372_1034676.jpg

by Detachment801 | 2012-12-31 10:18

旧遊郭の遺構

表通りから入るとそこは、現在、遊客が通ることのない生活道路のようであるが、よく見るとこの辺りのアパート風の建物は、売防法以前には遊郭として栄えた面影を残していた。
f0145372_37948.jpg
f0145372_373712.jpg


f0145372_37547.jpg

そして、その姿を現したこの建築!角が取られた部分には看板の跡、側面の造形はここがソープ街になる前の雰囲気をそのまま残していたことに感動を覚える。
f0145372_93065.jpg

何をイメージしたかはわからない。はっきりと段差のある曲線を境に、モルタルの色まで変えてある。最も外側の部分中央には二階の手摺から落ちた錆の色が付着している。

f0145372_931925.jpg

庇には井桁に組まれた換気口とその横につけられた灯火がある。この灯火が点灯されることはもうないであろう。もちろん、この建物が文化財として保存される見込みもないのだと思う。
f0145372_96106.jpg

今も大勢の男達が訪れる吉原、その路地にひっそりと過去が息づいていることに気づく者は少ない

f0145372_963030.jpg


こちらが正面のようだった。往時の雰囲気が残る
f0145372_9215811.jpg


少し離れた場所に、二軒のようだが中央で繋がっている建物を見た。
f0145372_9184965.jpg

この造りは一般のお宅とは明らかに違うと思う
f0145372_9191897.jpg

ここの由来はわからぬが、往時を知る建築と言ってよいだろう。
f0145372_9195513.jpg

遊郭跡は一種の文化財だとは思っていますが、そうはいってもほとんどが現住建造物なので、あまり露骨な撮影は控えました。
by Detachment801 | 2012-12-31 03:10 | 赤線跡

旧吉原遊郭の跡を訪ねて。

現役ソープランドの向いに、斜に構えた入り口ドアと、豆タイルの飾りを持つカフェー風の建物が残っていた。
f0145372_2434345.jpg

旧遊郭ではないかもしれないが、実際にその時代を生きて来た古い建物だ。
f0145372_244435.jpg


昭和三十年代、いやもっと以前からこの名称で営業していたと言われる店舗。準備中の札が下がっていたが開いていたらカレーでも食べてみたかった。
f0145372_2394442.jpg
f0145372_2395613.jpg
f0145372_2401954.jpg

きらびやかな表通りから、一本路地に入れば、うらぶれた雰囲気が漂う
f0145372_2511078.jpg
f0145372_251482.jpg
f0145372_252064.jpg
f0145372_2521169.jpg
f0145372_2523969.jpg

この一角は特に昔のままのようです
f0145372_2525366.jpg

続く。
by Detachment801 | 2012-12-31 03:05 | 赤線跡

千束界隈。

台東区千束といえば言わずと知れた旧吉原遊郭跡。
有名な見返り柳はここにちゃんとあります。妙に冴えないが、数度にわたり植え替えられているそうだ。

まさかこの柳も教育委員会による解説板が建てられる日が来るとは思わなかっただろうな。
f0145372_2133977.jpg

現在の風俗産業の密集地よりも広い範囲で遊郭が広がっていたであろう事が、周辺部に花街的な建築がいまだ残ることから推察できる。
f0145372_214922.jpg
f0145372_214262.jpg
f0145372_2145259.jpg

f0145372_2161687.jpg

この雰囲気はもしかすると古い遊郭跡の建物に「新築そっくりさん」をしてしまったのかもしれない。
f0145372_2152814.jpg

もちろんこの町の中心部は数え切れないほどの所謂ソープランドが占めている。日中から大勢の呼び込み氏や送迎のワゴンが行きかうので、安易に撮影は出来ぬ空気が漂っている。
f0145372_2174874.jpg
f0145372_218666.jpg

良くわからないのが、明らかに風俗店と思われるような喫茶店が数件あること。それらもコワモテの呼び込み氏が入り口に立っているので、一般喫茶店とは違うのがわかります。

おそらくそのような喫茶店が廃業した跡のようです、しかしこの佇まいは売防法以前の遊郭跡を使っていたみたいで、風俗店としてはかなり由緒がある物件ですな
f0145372_216396.jpg
f0145372_2165834.jpg

by Detachment801 | 2012-12-31 02:38 | 赤線跡

台東区 清川、日本堤周辺

この1枚だけどこで撮影したか忘れた。
f0145372_1291716.jpg


浅草を越えて、犬も歩けば棒に当たるとばかりひたすらふらふらとしていたら、なんとなくうらぶれた街に入り込んでしまった
f0145372_1294328.jpg

小さな旅館が林立するあたり。
f0145372_1295380.jpg

昭和のまま時間が止まっているかのような場所。
f0145372_130814.jpg

クルマも昭和
f0145372_1302933.jpg

木造三階建ての旅館は珍しい、豪華な瓦屋根をよく見かけます
f0145372_1304892.jpg

この寿司店も似たような瓦屋根
f0145372_1305861.jpg

ここはもう閉店しているようだ
f0145372_1311151.jpg

ちょっと花街のような情緒もあります
f0145372_132134.jpg

こりゃなんだか不可思議なアパート風。
f0145372_1322465.jpg

横浜、寿町とやや似てる、ちょっとZ氏に電話で聞いてみた「台東区の清川というのはどういう町なんでしょうか?」すぐ返事あり「ああ、清川、日本堤、そのあたりはもうほとんど山谷ですよ。」
f0145372_1325388.jpg

なるほど、山谷なら簡易旅館風が多いのもうなずけます。
しかしこんな重厚な日本料理屋風建物が多いとは知らなかった、これはけっこう興味深い。

f0145372_1342182.jpg


ここなんか、かなり由緒ある料亭風。
f0145372_1205881.jpg

うううこの裏口は、もしや旧遊郭跡ではないかいな?吉原にほど近いのにこのへんにもあったのでしょうか?
f0145372_1211687.jpg

大衆食堂、って最近聞かない響きですね、
f0145372_1343142.jpg

私がコンビニに入ろうとしたときに、中から片手にワンカップ持ってドアを押したり引いたり出られなくなっていたオヤジさん、ドアを開けてやって「いいよ大丈夫だから出なよ」といったらやけに「ありがとありがと」と微笑んでくれた。帰りにもう一度そのコンビニの前を通りがかったら、今度は「わかば」を持ちなぜかニヤリと微笑んでくれた。どこか遠くから来てるのかなぁ?もう二度と会えないかも知れないけど、またな、オヤジさん。
f0145372_1352294.jpg

by Detachment801 | 2012-12-31 01:56 | 赤線跡

浅草 大木食堂

浅草の洋食屋さんへ行く、

浅草橋辺りのガード下には壁に直接書かれたこんな注意表示が、
f0145372_17384127.jpg

かなり寒い日でした。
f0145372_1739433.jpg

昭和モダンな浅草駅
f0145372_17391578.jpg

到着。
浅草の繁華街からは少々離れた場所にある「大木」 今のご主人は二代目、先代からは100年近いと言う大正時代からの老舗です。「何年かなんて数えたことねえな。」と江戸っ子なご主人、じつは長野生まれだそうです。
f0145372_17393141.jpg

このアンティークな建物は空襲の焼け跡であったこの場所でまずはバラックで再開、軌道に乗ってから建てられたそうです。
f0145372_17401050.jpg

素晴らしいこの雰囲気、オムライスもいいねぇ。
f0145372_1740258.jpg

半円形の暖簾っていいですね。
f0145372_17403822.jpg

家庭的な店内
f0145372_17405341.jpg

ハヤシライスを注文。写真とってもいいですか?と聞くと振り向きもせずに「おう、いいよ!」ここから戦前から伝わる下町の洋食が生み出されるのだと思うと嬉しくなってくる。
f0145372_17411127.jpg

壁に写真の額がたくさん飾られる、落語の立川一門とは先代の頃から親しいそうで、いろいろな裏話まで聞かせてくれる話好きなオヤジさんです。好きな自転車の話も面白く。もう楽しくてたまらん。来て良かった!
f0145372_17412829.jpg

来ましたハヤシライス!ワカメたっぷりの美味しい味噌汁つき!コンクリの床の店内はけっこう寒いのでダウンベストを着ているわけですな。お茶が無くなるとすぐ注いでくれる心配りも嬉しい
f0145372_17413980.jpg

甘すぎないのが美味しい。デミグラスのまったり感に福神漬けが合います。もっといろいろなものも食べてみたい!
f0145372_17415720.jpg

写真がご趣味だそうで、たくさん見せていただきました、春夏秋冬の風景から花鳥風月、人物まで。光の加減が綺麗な瞬間をすぐ撮るのが愉しみなので、AFもデジカメも使わないそうです。趣味人ですねぇ。
f0145372_17421397.jpg

気さくな人柄からご友人も多いようで、何とマリリン・モンロー来日時に、取材されたカメラマンのご友人からもらったと言う貴重な写真も見せて頂きました。家宝ですな。
f0145372_17423123.jpg

室内にあるトイレまでお借りしてしまいました。照明と窓が渋いでしょ。
f0145372_17425297.jpg

店の外まで見送ってくれるご主人の人柄にリピーターも多いようです。撮影にも快く応じていただいて感謝です。ありがとうございました。
f0145372_1253492.jpg

by Detachment801 | 2012-12-30 18:09

仕事納め

昨日で今年の勤務は終了。
今ひとつ風邪が抜けていないこともあり、目立った活動はなし。
f0145372_3472561.jpg

パルサーって、元はチェリーの姉妹車だったか、何となく垢抜けないまま存在し、名前も脈動から来たのだか妙だし。居場所もサニーと被っているようで、スタイルは貧しいプリメーラ的だし、結局いつの間にか見なくなっていく、不憫なクルマ。そんな気がして仕方がない。
f0145372_3473787.jpg

すごーい、休まないんですね、コメダ。元日からトーストに小倉添えができるんだ。
f0145372_3474740.jpg

老夫婦が乗っているので保存状態が良い、リアスポが何となく納まりが悪そう^^助手席に大きな箱が乗っているように見えるが、向こうにある信号機の調整ボックスでした
f0145372_348223.jpg

なぜか私この、「ツライチ」と言うのに違和感があります、フェンダーのクリアランスがないと、タイヤとフェンダーの間に全く自由がない気がして、大きくバウンドしたときに当たらないのだろうか、と、妙に胸がもやもやします。
f0145372_3481692.jpg

相武台にて
f0145372_3483480.jpg
f0145372_3484711.jpg

仕事納めの夜、単身桜ヶ丘の「いちだ」に向かう。これ以上でもこれ以下でもいけない豚のしょうが焼き定食!本当に美味しいのだ。大根の赤だし味噌汁も、付け合せのもやしやごぼうも、これがまた、ため息をつくほど美味しい。マヨネーズはお客の好みを考慮して最初からかけないで、ボトルを添えてくれます。店内隅々まで綺麗、これで700円ですぜダンナ。
もしいま貴方が700円しか予算がないとしたら、それで最高に満ち足りた気分にさせてくれるのはココしかない。そう言い切れます。
f0145372_349634.jpg

by Detachment801 | 2012-12-28 04:24