旧車 パトカー 街の写真、食べ歩きから不要情報まで無節操なお気楽ブログ。あなたの心には何が残りましたか?
by Detachment801
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


カテゴリ:赤線跡( 55 )

鳩の街からスカイツリーへ。

土曜日の午後でもシャッターを下ろしたままの店も多い。
f0145372_23575048.jpg

これは綺麗に残っている。カフェー建築というよりもダイナー風だ。
f0145372_23581886.jpg

五十数年前、永井荷風や吉行淳之介など無頼の徒であった作家たちが歩いた路地
そして、身を売らねば生きられなかった過酷な運命の女たちはどのような思いでここを歩いたのであろうか、21世紀になったいまも、ここにはさまざまな情念が渦巻いているようにも感じられた
f0145372_23592176.jpg

燃え落ちた建物の脇を自転車が行き来する。消防車も入れぬようなこの街を赤く染めた炎を想像すると、映画「吉原炎上」で病に狂った花魁を演じた西川峰子が頭をよぎる。あれはすごい映画だった。
f0145372_23595590.jpg

猫の額ほどの公園に半ばオブジェとして残された井戸は水を汲むことも出来る
f0145372_003647.jpg

帰り道、路地の向こうに神社、手前の飲み屋は・・・お蝶か・・・。
f0145372_012587.jpg

かろうじて薬局とわかる
f0145372_02471.jpg

芸妓さんも歩く街角
f0145372_1162879.jpg


曳船でヴァンプラを見た
f0145372_119299.jpg

どこからも見えるスカイツリーは思ったよりも数段大きかった
f0145372_1192446.jpg


その足元は観光客で一杯、TVクルーも出ていて家族にインタビューなどしていた。これは27日の撮影だが、29日には東京タワーを抜いて日本一になったそうだ。つまりこの写真は、まだ日本一ではない時代のスカイツリーということになる。「三丁目の夕日」の影響か、未完成のタワーを皆喜んでいるようだった
f0145372_1212158.jpg

by Detachment801 | 2010-03-31 01:57 | 赤線跡

鳩の街の赤線建築、

気を取り直して、「鳩の街」の赤線建築、とりわけこの区域にいまだ残るカフェー様式を求めて散策する。

Wikipediaによると この街は『東京大空襲で罹災した玉の井の業者が移転して開業したことが始まりで、のちに進駐軍向け慰安所として栄えたが、1年で米兵の立ち入りは禁止され、その後は所謂赤線として賑わったという。1952年には、この狭いエリアに約300人ものの娼婦が働いていた。

この街も永井荷風のh他、文壇の錚々たるメンバーが多く出入りし、吉行淳之介、三浦朱門、安岡章太郎、小沢昭一らが通っていたという。木の実ナナの生家があったことでも有名。


黒塀に、ちょっと変わった意匠の格子戸を持つ家
f0145372_23103744.jpg

同じ家の側面、正面とは別に目立たぬ戸を持つのも娼館のもつ性格を良く表している
f0145372_23113296.jpg

この寂れ行く一方の街に新しい息吹を吹き込む若者もいて、古い建物でギャラリーや喫茶店を開いているのは立派。
f0145372_23121443.jpg


そのCAFEこぐまの掲示板には世田谷美術館の成城分室で開催される1950年代のアメリカ展のポスターが掲示されていた
f0145372_23172265.jpg


路地裏から見上げた屋根屋の褌・・・ではなく、風呂屋の煙突
f0145372_2313020.jpg

これがカフェー風娼館の名残
f0145372_2313261.jpg

歩いているとこんな街灯にも出くわす。修理しないのかな?
f0145372_23143045.jpg

これもカフェー風
f0145372_23145789.jpg

側面には小さな入口と三連の縦長の窓
f0145372_23153831.jpg

こちらは化粧品店を裏から見たところ
f0145372_23162751.jpg


細やかな飾りの付いた窓の下には避妊具の販売機が設置されていた。
f0145372_23181771.jpg

by Detachment801 | 2010-03-30 23:55 | 赤線跡

そして「鳩の街」へ

おーここはいったいいつでどこなのか?まるで「つげ義春」の世界だ。
ダイハツミゼットが止まっていてもなんら違和感のない場所。
f0145372_89172.jpg

いまは営業しているかも良くわからぬ写真館
f0145372_894094.jpg

料理屋であったのだろうか、いまは普通のお宅のようです
f0145372_810528.jpg


なんと玉の井と鳩の街の間はクルマで2-3分、こんなに近い距離に有名な赤線街が二つもあったとは、驚きです。
ここは鳩の街の名称を生かした商店街作りをしているようだ。レトロを売りにした街のホームページもあって明るい雰囲気を出しているのかもしれないね。
f0145372_811446.jpg

非常に狭い路地、クルマが一台通るのがやっとの場所なので少し離れた有料駐車場に入れて歩いてきました。
少し奥まった場所に行くと、何なんだここは?二階が燃え落ちているぞ。
f0145372_8121427.jpg

裏へ回るとすでに一軒は取り壊されたらしく、こんな状態、ここはどう考えても大抵の消防車が入ってこれぬような場所なので火事は命取りだ・・・いきなりこのような姿を見せ付ける鳩の街であった
f0145372_8123654.jpg

ー続くー
by Detachment801 | 2010-03-30 08:21 | 赤線跡

赤線街の後を歩く  Ⅲ

東向島とそっけない名称に変わった玉の井駅
f0145372_7464978.jpg

かなり老舗の酒屋、この街が賑やかだった頃をずっと見てきたのであろう。
f0145372_7471888.jpg


どんどんは韓国料理の店、ビビンバではなく、ビビンパと書いてあったので本物だと思う。本来の発音はPIBIMPAPに近いのだ。
f0145372_7474697.jpg


おもちゃ屋の2階のさらに上に作られた展望窓のようなもの
f0145372_872547.jpg

ここにもこんなステンドグラスの装飾が施されていると、もしかしてここも?と思ってしまう。
f0145372_7495711.jpg


小規模の店舗や住宅が多いがこんな蔵も残されていた
f0145372_748977.jpg

韓流ポスターの貼られた韓国食材のお店も「玉の井」の地名を残していた。なぜか洋服や靴も売られていました。
f0145372_7483084.jpg

昭和の街、昭和のガレージに昭和の顔の車、フェンダーミラー、丸4灯、メッキバンパー、純正フォグランプと申し分なし。
f0145372_213587.jpg


焼き鳥も食ったし、そろそろ玉の井を離れる、車に乗ってさっきと違う道を通ると、表通りにも典型的な私娼館が並んでいた。
f0145372_749557.jpg

ここの屋根の上の展望窓のようなのはおもちゃ屋の上にも形は違うが似たようなものがありました。何なんだろう?
f0145372_7492311.jpg

by Detachment801 | 2010-03-30 08:02 | 赤線跡

赤線街の跡を歩く Ⅰ

先日、inomamo氏より、ある建物について、遊郭建築なのでは?という意のコメントを頂き、なぜか気になり、そのことについて少々調べてみました。

すると、ますますそのように思え、しかも、昭和33年の売春防止法施行までの間、各地に栄え、文壇の名士なども足繁く通った花街の面影が今も残る場所が、簡単に行ける場所に点在していることを知りました。

そうなると、すぐにでも行ってみたくなり、先日実際に歩いてきました。

最も有名な吉原は完全にソープ街にと変貌しており、旧赤線跡地を歩く、という趣旨から外れそうなので今回はパスして、名前だけは小説やエッセイ、昭和史などで耳にした事のある下町の「玉の井」をまずは訪れることとしました。

事前にネットで調べてみるとさまざまな方がこの地に郷愁を持ち、あるいは知らなかった昭和の残骸を見たいと思い、歩かれているのがわかります。
現在は、玉の井の地名はなくなってしまい、玉の井駅も東向島駅と名を変えてしまい、その過去は一見葬られたように思いましたが、実際に行って見ると、まだあちこちで使われているのですぐわかりました。
f0145372_822146.jpg


車を駐車場に入れ、少し歩くとこのような廃屋が目に付きます。
民家でもなく、商店とも違う趣、元私娼館を商店に改造した店であった可能性が高い。
f0145372_810268.jpg

顔見せの窓であったのだろうか、格子が貼られ、下部にはタイルで飾られた部分がある。
ほとんどの娼館は小さく、その建物を残したまま、住居や商店に改装されたという、なんだかそのまま商店にしたり住むのは妙な感じがするが、当時は普通だったようです。
f0145372_8103841.jpg

このような建物も、元は遊郭であったのだろうか?
f0145372_8171597.jpg

建て増しを重ね、九龍城砦のようになっているものもある。
一見して普通のアパートとは違う屋根の形がそれと推測される。下部にタイルが張られるのも特徴らしい。
f0145372_819971.jpg


玉の井は吉原のような公娼街ではなく、私娼街であったので、このような小規模の店が主流だったそうだ。その前は小さな銘酒屋が娼館とされていて500件もの銘酒屋がひしめき合っていたというからそれはすごい場所であったのだろう。(ブログの中で時折遊郭と表現していますが、厳密には私娼街なので吉原のような遊郭とは違うらしい)
永井荷風の小説で有名なこの街に足繁く通った著名人には壇一雄、太宰治、高村光太郎、サトウハチローらが名を連ねる

これは現在の酒屋であるがやや隠された二階の派手な造作が目を惹く。
f0145372_8262567.jpg

私娼館の跡と考えられる家、入り口左側にはタイルが張られた顔見せの小窓があり二階の窓の上に不釣合いな瓦の庇があるなど、一般の民家とは趣を異にする
f0145372_8265238.jpg

完全に一般人のお宅なのですが、二階が典型的な赤線建築、
f0145372_8272112.jpg


路地裏にはお決まりの猫
f0145372_8331196.jpg


ー続くー
by Detachment801 | 2010-03-29 08:33 | 赤線跡