旧車 パトカー 街の写真、食べ歩きから不要情報まで無節操なお気楽ブログ。あなたの心には何が残りましたか?
by Detachment801
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
赤線跡
韓国・朝鮮文化
中華民国
アイヌの国
上海
以前の記事
2018年 05月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
more...
お気に入りブログ
◎◎[おもちゃ箱RS]◎◎
ミヤモーの戯言
その男Glass-Jaw...
アライズ東京キリスト教会...
dezire_photo...
BLOO00OOG
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ランサーセレステ後期型(1977-81)

絶滅さえ疑っていた後期セレステ、ちゃんと場所を確認してきたのですが、民間車検場であるというそのロケーションでは予約なら朝入庫、夕方納車もありえるが、情報をいただいてから三日後に臨場という初動捜査体制の悪さに、もうその場にはないかも知れない。という最悪の事態も考えていたので、発見したとたん手が震えてピントが合わない。
f0145372_7424067.jpg
セレステはたった6年間で消滅、日本でより米国で人気があった車種のようでしたので、後半の3年間はまるで北米向けだったプリマス・アローの逆輸入のような後姿を持つ特異な車種であり、当時新車を見たときは、国内販売をほとんど考えなくなったようなその割り切り方に驚いたものです。しかし私はその姿がとても好きでしたので、久しぶりに見られたことがとても嬉しく思いました。情報をいただいたZ氏に感謝です。
f0145372_74393.jpg

アローではおそらくウインカー兼用の赤点滅であろう大型のテールランプ。その下部のボディに開けられた穴から、ウインカーボディ後部に配線されているようです。掃除はしにくそうですね。
このウインカーは当時クライスラー社と密接な関係であった三菱自動車の販売網で販売されていたダッジ・オムニ024と共通でした。余談ですがこのオムニ024のドアミラーはたたむことができない「可撓式」というものが使われており、事故の衝撃は壊れることにより吸収するものでした。
その頃はあまりミラーをたたむ習慣がなかったのですが、その後無理にたたもうとしてミラーを壊してしまう人が結構いたのではないかと推察します。(*注)
f0145372_7432786.jpg

個人的には3ドア・ファストバックとしては最高に美しいと思う。同じ頃、FRジェミニにも美しいクーペがありました。当時の若者は4ドアさえ潔いと思わなかったものでして、最近のミニバン全盛はオッサンにはどうしてもつまらないと思ってしまいますねぇ。
f0145372_7434637.jpg

末永く乗っていて頂きたいものです。
f0145372_744627.jpg


プリマス・アロー、本国ではテールランプが赤点滅の兼用灯火のためウインカーは乗せられていないが、国内用にも同じテールランプが流用されていることがわかる写真
f0145372_1141472.jpg


(*注)余談のオムニ024、残念ながら後部ウインカーは写っていません。ドアミラーはやはり折れています。
ネットで見つけた画像なので撮影場所不明です。
http://minkara.carview.co.jp/image.aspx?src=http%3a%2f%2fcdn.mkimg.carview.co.jp%2fcarlife%2fimages%2fSocietyBBS%2fbbs_903793_0D0DA9EC3C52030CF77EF74A79DF0CB1.jpg%3fct%3dcadba2a290b2
by Detachment801 | 2013-11-02 07:59
<< 石川町 洋食ホシ 昨日の画像 >>