旧車 パトカー 街の写真、食べ歩きから不要情報まで無節操なお気楽ブログ。あなたの心には何が残りましたか?
by Detachment801
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
赤線跡
韓国・朝鮮文化
中華民国
アイヌの国
上海
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 05月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
more...
お気に入りブログ
◎◎[おもちゃ箱RS]◎◎
ミヤモーの戯言
その男Glass-Jaw...
アライズ東京キリスト教会...
dezire_photo...
BLOO00OOG
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
(54)
(24)
(4)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


独逸車

ケッテンクラートという医学用語のようなあまりにもドイツ的な響きを持つ、前一輪で、法律用語だと「カタピラを有する」この軍用トラクタも展示されていた。ヘッドライトはドイツ兵のヘルメットのような形状をしたノテックと呼ばれる灯火管制型で、直前をぼんやりと照らすだけのもの。トラックの左右速度差により転回するのなら、このオートバイのような前一輪は不要のはずなのだが、それがあるところがドイツ的といえる、構造的にその辺はどうなっているのかは当方浅学にして不明です。
f0145372_9431865.jpg

一見アメリカ車のようなこの雰囲気はゴッゴモビルのクーペ型、三菱500のようなスタンダードに比べるとスタイリッシュではあるが室内は格段に狭い
f0145372_9435652.jpg

うううなんと言って良いのかわかりません。小さな中に目一杯ゴージャス感を出そうとしたようです。
f0145372_9441556.jpg

前から見ると小さいクルマだと言うことがはっきりとしてしまう、縦型グリルはデザイン的に未消化な感じです
f0145372_9443287.jpg

イセッタは数台が参加、はじめて見るのはこの250、ドイツ本国仕様です。テール周りの処理が他のとは違いました
f0145372_945354.jpg

オーナー氏は和服着用の茶目っ気のある方で、このライトカバーにもそれは現れていた。
f0145372_9451891.jpg

車台番号はドアを開けた下部に現れて車検のときに便利。職権打刻ですな。
f0145372_9453485.jpg

貴重なプレート、1961年式(昭和36年)、BMWの本名はバイエリッシュ・モトレン・ベルケ、アーゲー。というもの、ビールの里ミュンヘンにあるんですね。
f0145372_9454813.jpg

お、もう一台貴重なBMW2000、この時代の異型ヘッドランプ好きです。
f0145372_9461931.jpg

メルセデス170も来場。このクルマは製造時期が長くて、うかつに年式判定できません。
f0145372_9471053.jpg

こちらはバームクーヘンの生地のような色が旨そうな190SL
f0145372_9473457.jpg

現代のタイヤにホワイトサイドウォールを上手に再現された280SL、赤いボディに良く似合っています。こちらのクルマのオーナー氏は以前お話させていただいたことがある上品な紳士です。
f0145372_9474898.jpg

いまではかなり見る事が少なくなった北米仕様のSクラス、強引なシールドビーム4灯と5マイルバンパーは当時のヨーロッパ車好きからは忌み嫌われて、欧州仕様に戻されたものだが、いまではこちらのほうが趣味性を感じてしまう。案外ガラガラとうるさいエンジンや左右のスピードが違う奇妙なワイパーも懐かしい。メルセデスのワイパーはその特異な動きから車酔いすると言われたものだった。
f0145372_948632.jpg

ヘッドライトと前後バンパーを欧州仕様に換装し、一安心と思っても「頭隠して尻隠さず」と言うか「黄色いあんよが見えてるよ」の歌のようにテールレンズ組み込みサイドマーカーはそのままの車を結構見かけたものだった。
f0145372_948193.jpg

by Detachment801 | 2012-02-04 10:15
<< 仏蘭西車の味 英国車 >>