旧車 パトカー 街の写真、食べ歩きから不要情報まで無節操なお気楽ブログ。あなたの心には何が残りましたか?
by Detachment801
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
赤線跡
韓国・朝鮮文化
中華民国
アイヌの国
上海
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
more...
お気に入りブログ
◎◎[おもちゃ箱RS]◎◎
ミヤモーの戯言
その男Glass-Jaw...
アライズ東京キリスト教会...
dezire_photo...
BLOO00OOG
最新のコメント
Welcome back!
by sud6930 at 23:48
鍵コメさん、すみません、..
by Detachment801 at 11:55
すみません、最近はクルマ..
by Detachment801 at 11:55
おひさしぶりです!最近は..
by Detachment801 at 09:21
綺麗な桜🌸..
by 苺★ at 01:57
Mrs.Mさんこんばんは..
by Detachment801 at 19:58
こんばんは 興味深いお..
by Mrs. ,M at 02:36
通りすがりさん、コメント..
by Detachment801 at 09:39
はじめまして。 先日大..
by 通りすがり at 09:24
たしかに、ホンモノと呼べ..
by Detachment801 at 09:40
Mrs.Mさん、コメント..
by Detachment801 at 09:38
お変わりないでしょうか?..
by Mrs. ,M at 00:55
山口小夜子さんは30年位..
by Mrs. ,M at 00:54
7618051さん、あり..
by Detachment801 at 11:17
これはまた珍しい瞬間に立..
by 7618051 at 15:34
奈々氏さまのお陰でちょっ..
by Detachment801 at 23:04
あけましておめでとうござ..
by Detachment801 at 05:30
ご質問ありがとうございま..
by Detachment801 at 09:32
Q太郎さん、それは素晴ら..
by Detachment801 at 21:12
こんにちは 数年もたっ..
by Q太郎 at 12:25
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Yumingを聞いていた頃

初めに申し上げておきますが実はYUMINGファンです。

基本的に聞くのは洋楽中心で、オールディーズやSOUL&DISCO系が好きですが、それと並行して1976年の「14番目の月」から1984年の「ボイジャー」あたりまでは本当に良く聞いていました。

その後は単発的に聴くことがあるぐらいでしたが、最近のSEASONS COLOURSのような新しいオムニバス版が出るとやはり購入してしまいます。

実際の自分の青春時代と完全に重なりますので並々ならぬ思い入れがあるんですね。「あーこれ聞いていたころは隣のクラスのコが好きだった」とか「この曲聞いてたときは当時付き合ってた女の子に毎日会いたくてしょうがなかったな」、「そんなに好きだった彼女がいるのに浮気してたんだよなぁ」「転職した頃だ」などなど将来に何の翳りも無い、何でもできるような気がしていたバブルに向かって爆走中の東京で遊び回っていた時代が昨日のことのように思い出されます。
 
なんかね、無軌道な楽しさと、ときめきと、ちょっとだけ後悔と、切なさ、に溢れてた、もう帰れない夏の思い出、って感じ。いうなれば「アメリカン・グラフィティ」みたいな瞬間だった自分の青春そのものがYUMINGの歌と重なっているんですね。

冷静に見れば、そういう風に多くの人に感じさせる作り方を綿密に行っている職人かな?って思いますが、やはりその世界に身を委ねてると、思い出がトレンディードラマ(←古いよ表現が)のように美化されるんですよねぇ。

たぶん、・・・・・今魔女狩りがあったら彼女は捕まっちゃうでしょうね・・・(なんちゅう結論?)
f0145372_11262236.jpg


「ゆーるーいーカーブでぇ~あなたに倒れてみたら~何も聞かーずに、横顔で笑って~」
これ、嫌いな人、いないんじゃないかな、と思ったりして。
# by Detachment801 | 2007-06-24 11:35 | Comments(0)

99台しか作られなかったキャデラック

1984年ごろ都内某所で撮影したこのキャデラック。一見フィフティーズマニアのクルマに見えますが、実は、1959年式のエルドラド・ブロアムという当時の米国自動車産業のカタログモデルでは最も贅を尽くしたクルマでした。

特筆すべきはそのボディ、なんとイタリー製、ピニンファリナが架装したものです。わざわざそのために専用船で米国からピニンファリナの工場へシャシを送り、ボディを架装して米国へ戻してから顧客へ渡していました。装備も現在の車と遜色が無くオールパワー、自動選曲ラジオ、オートクルーズまで備えています。また後席のドアを開けると後部三角窓が下がり、乗降客の邪魔にならないようになるなど。細かい点も興味深いです。

スタイリングは同年式の通常型キャデラックとは微妙に違い、テイルフィンを低く、モールディングを少なく、ウインドシールドも大人しいデザインになっています。形式は4扉HTセダンのみ。このスタイリングは翌年以降のキャディラックにさりげなく採用されるなど、スタイルリーダー的な役割も担っていたようです。いうなれば購入できる試作車という感じもしますね。エンジンは約6400ccのトリプルカーブレータ付きが標準で345HPと言われています。

価格は当時1万3千ドルを少々超えていました。昭和34年だと$1.00@¥360ですから本国価格468万円。6000ドルの普通のキャデラックが700万円もしていた時代です。日本に持ち込めば低く見ても1500万円にはなったでしょう。大卒初任給15000円として給料の1000か月分!現在の価値に換算すると・・・いえ、もうお金の話はやめましょう。

本来59-60年式で合計200台をピニンファリナの工場で架装する契約であったそうですが、1台のシャシを積み下ろしの際に海へ落としてしまい、この59年式は99台生産となり,翌60年式は101台生産しています。

50年代の米車史上最も美しいセダンと呼んでも過言ではないこのエルドラド・ブロアム。現在米国のキャデラッククラブではこの200台の現状をすべて把握すべく調査中です
f0145372_3274545.jpg


ナンバー指定の出来ない時代に下2桁が59なのは偶然だけではないように思いますね。
もともとのオーナーは米資系一流企業の米国人社長でした。趣味人だったらしく55-58年ごろの純正SABLEホイールをわざわざ取り寄せたのかどこかで入手したのか装着しています。おそらく当時の日本人は誰も理解してくれなかったことでしょう。

その昔、ピニンファリナの重い本が出版されたので購入したらこのキャデに関する記事が少ないのなんのって。写真もちーさいの1枚、オイオイ「小林彰〇郎の世界」か?なんで日本の自動車趣味は欧州趣味主体思想なの?この件についてはまた書きますね。
# by Detachment801 | 2007-06-24 03:49 | Comments(0)